人生初の自動車事故(もらい事故)

そりゃ、もう、ホントにびっくりしました!
人生で初の自動車事故です!人生で初の・・・って、そんなに何回も事故あったら、とんでもないですよね。もらい事故だったんですが。何回も書いてしまって申し訳ないのですが、本当にびっくりしました!っていうのが素直な感想です。

 

どんな風に起きたの?

仕事が終わっての帰り道でした。いつも通ってる(自動車で走ってる)道路なんです。その日は、仕事場の駐車場を出るときに、メーターを見たらガソリンの残量が残り3分の1くらいだったんで、帰りがけにガソリンスタンドに寄って給油して帰ろうかと思ってました。

普段通りに駐車場から道路に出て、普通に走らせてました。途中で海岸線に向かう道とまっすぐに進む道に分かれる交差点があって、そこの信号が赤だったんで止まってまして、青になり普通に発進しました。

で、ちっと進んだところの右側に内科のお医者さんがあって、そこのお医者さんの駐車場に入る道があるんですが、そこから軽自動車が顔をを覗かせてたんです。向こうもライトを点けてたんで分かってました。

ウィンカーは出してなかったんで、どっちに曲がるかは分かんなかったんですが、そこを通り過ぎようとしたら、「ガシャガシャ、ガッシャーーーン」って、左側に押し出される力が働きながら音が聞こえてきました。

 

事故が起きたときの気持ち

そうなんです。ぶつけられちゃったんです。さっき、顔を覗かせてた軽自動車にぶつけられちゃったんです。直後は、頭の中は「あれれ~~???」って状態で、とりあえず、自動車を止めました。相手の自動車も止まりました。

自動車を降りたときは、さっきの「あれれ~~???」状態が少しはシャキッとしてたんですが、相手も降りてきて・・・謝るのかと思ったら・・・

「ちゃんと左右を確認したんだけどなぁ、おかしいなぁ。」って。最初に「すみません。」だろ!って思ったんですが、口論とかになっちゃっても面倒くさいので、そこは少し冷静になりまして、警察に電話しましょう。ってことになり、電話しました。

 

お巡りさんが到着して

お巡りさんが到着する前に、とりあえず、車検証と保険会社の証明書を・・・って思ってフロントの椅子のところに出しておきました。やっぱし、気持ちが落ち着かないので、自販機でコーヒーを買って、一服しながらお巡りさんの到着を待ってました。

そのときに撮った写真です。

ホントはもっと写真を撮ってたんですが、動揺してたらしく暗かったりブレちゃってたりして貼れるような写真ではありませんでした。

お巡りさん、到着しました。お巡りさんは、自分と相手との二人に向かって「これは人身事故ではなく、物損事故ですので、一通りのことは聴取しますが、そのあとはお互いに話し合って、保険会社に電話するなり、示談で済ますなりして下さい。」ってことでしたが

一通りののことで、一人ひとり別に呼んで、どういった状況で事故が起きたのかを聞かれました。思ったほど細かくは聞かれませんでした。

お巡りさんが去ってしまってから、お互いに保険会社に電話しました。自分は下の画像のところに電話しました。

電話口の担当の方が、細かいことは明日からにして、お相手の保険会社とお名前と連絡先を聞いて下さい。

って指示をくれたので、その通りに相手の保険会社と名前と連絡先を聞いて、自分の保険会社に伝えました。もちろん、反対に、相手に自分のこともきちんと伝えました。

 

次の日に冷静になってから

下は、翌日の昼間に撮った写真です。

 

結構、ショックでした。写真を取り終わってから保険会社に電話をして、そのときに、修理工場をいくつか教えてもらって、近くのところを指定させてもらいました。日産の自動車だったんで、近くの日産にお願いしました。その時の電話で、保険会社の人が「判例があって、10-0にはならいと思います。良くて9-1だと思います。」って言われました。

でも、でも、やっぱし納得できないじゃないですか。普通・・・って普通に考えちゃいけないんですかね?あの場面で止まってて、しかも右にいるウィンカー出してない自動車に、自分が止まって「はい、どうぞ♪」って道を譲るんでしょうか?とっても不思議です。

んで、電話の話に戻りますが、その日に持ってきて大丈夫ですよ。って連絡がきたので、ちっと恥ずかしかったんですが、ディーラーに持ち込みました。

そこのディーラーの担当の人に、良くて9-1って言われたことを伝えたら、「そうなんですよね。判例があるんですよね。なかなか10-0にはならないんですよ。」って言われてしまいました。

それから、自動車が直ってくるまでの間も2回くらい保険会社の担当の人と話をしました。電話では、相手の保険会社と交渉をしているので、もうしばらく待って下さい。と2回とも言われてしまいました。

そうこうするうちに、修理も完了しまして、自動車を引き取りに行ったときも、ディーラーの人に「あれから進展はありました?」って聞かれたんですが、「進展ないんです。」って答えるしかなくて。この頃は悔しさが気持ちの中に出てきました。

そうそう、修理の費用なんですが、保険を使うんですが、最初は支払いをしました。初めてのことだったんで知らなかったんですが、修理費用が掛かったら、その分を一回、収めなくちゃいけないみたいです。それから保険会社から入金がありました。これもびっくりです。忘れないようにしておかないとって思いました。

その後、何回か保険会社に連絡をして、何とかこの理不尽なことはどうにかならないものか!って交渉をしたんですが、相手の保険会社と交渉中なので・・・っていっつも同じことを言われてしまって。

結局、折れました。9-1の支払いにしました。いつまでもぐちゃぐちゃしてんのが、とっても嫌だったので。相手と直接話せる訳でもなく、交渉してるって言っても、こっちが折れるのを待ってるようにしか受け止められなくて、今回はこのような結果になりました。

後日、修理が終了してからガソリンスタンドに給油しに行ったときに発覚したことがあります。デカい傷のとこだけに目が行ってたんですが、給油口がスムーズに開かなくなってギシギシ言うようになってました。事故ったときは、隅々までチャックしておかないといけないって教訓でした。

ホントに、今でも納得出来てないです。お巡りさんがあんなにさらっとした対応だったのにも驚きました。

もらい事故・・・気をつけてください。って言っても、向こうから来ちゃうから、どうしようもないのかなぁ。でも、気をつけて下さい。

 

まとめ

今回、初めて自動車事故を体験してみてのことを書いちゃいました。

改めて思ったこととして
お巡りさんの対応は思いっきり事務的
保険会社の説明はしっかりとしてくれるが、交渉中って言う言葉は信じていいのか不明
修理をするときの確認は、でっかいとこだけじゃなくて他の部分もきちんとディーラーの人と一緒に見てもらった方がいい

ってことでした。何とも後味が悪い出来事でした。

 

 

タイトルとURLをコピーしました